水環境再生科学特別コース(6年一貫)

 農村地域の水環境問題の解決を目指して

 農村の水環境問題は,その重要性にもかかわらず,対策が極めて遅れています。本特別コースでは,日本はもとより発展途上国において,生活排水,工業排水,農業排水などで汚染が進行している「農村の農業用水,生活用水,河川水,地下水などの水環境」の再生と,下水再生水や下水汚泥などの再生資源の農業利用に関して,世界で活躍できる高度な知識と技術を有する人材を育成します。

 また,愛媛大学沿岸環境研究センター,大学院農学研究科附属環境先端技術センターと連携協力し,水質の計測・分析・解析に関する最先端手法・技術(環境微量分析,分子生物学的解析など)を教育することを特徴としています。

photo

教育分野等

コース 教育分野 教員
水環境再生科学特別コース 水環境再生科学 コースの教員

育成する人物像

  • 日本および世界の農村水環境に精通した人材
  • 水環境再生科学に関わる研究,技術開発能力に優れた人材
  • 再生水や下水汚泥などの水環境に関わる再生資源利用に精通した人材
  • 海外で活躍できる水環境再生に関わるグローバル人材

教育内容・教育方法の特徴

  • 農村の水環境再生に主眼をおいた日本で唯一の教育カリキュラム
  • 現場・実学重視の教育(卒業論文履修開始の早期化(3年次前学期開始),国内企業などでのインターンシップ)
  • 国際的に通用する能力を醸成(英語プレゼンテーション教育,海外インターンシップ)
  • プレゼンテーション能力と研究発表能力の向上(研究成果の学会発表を義務化)
  • 最先端技術の習得(愛媛大学沿岸環境研究センター,大学院農学研究科附属環境先端技術センターとの連携協力)

学士課程のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 水環境再生科学特別コースは,農村の水環境に関する様々な問題を解決するための俯瞰的な視野をもち,日本はもとより世界的な観点から,その問題の解決に意欲的に取り組むことができる学生を受け入れることを,アドミッション・ポリシーとしています。

(知識・理解)
  高等学校で履修した主要教科・科目について,教科書レベルの基礎的な知識を有している。
(思考・判断)
  ある事象に対して多面的に考察し,自分の考えをまとめることができる。
(関心・意欲・態度)
  地域社会や国際社会における食料,生命,環境に関する様々な問題,特に環境に関する問題に関心をもち,学士課程・修士
 課程の6年一貫教育によって修得する知識をこれらの解決に役立てたいという意欲を持って行動することができる。
(技能・表現)
  自分の考えを,日本語で他者にもわかりやすく表現できる。

学士課程のディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)
修士課程のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

(知識・理解)
  水質の計測,分析,解析と,水質工学,分子生物学,生態工学を基礎とする環境改善手法に関する専門知識と技術を修得
 している。
(思考・判断)
  日本および世界の農村水環境に関する諸課題を論理的考察に基づいて説明し,解決策を見出すことができる。
(関心・意欲,態度)
  日本および世界の農村水環境に関する諸課題を解決するため,主体性,協調性および高い倫理性をもって,自律的・継続的に
 行動することができる。
(技能・表現)
  自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するための高度なプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を修得している。

修士課程のディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

(知識・理解)
  水質の計測,分析,解析と,水質工学,分子生物学,生態工学を基礎とする環境改善手法に関する高度な専門知識と技術を
 修得し,農村における水環境の再生と再生資源の農業利用に関わる研究・技術開発能力を有している。
(思考・判断)
  日本および世界の農村水環境に関する諸課題を論理的考察に基づいて説明し,俯瞰的視野から有効な解決策を見出すことが
 できる。
(関心・意欲,態度)
  日本および世界の農村水環境に関する諸課題を解決するため,主体性,協調性,高い倫理性および強いリーダーシップをもって,
 自律的・継続的に行動することができる。
(技能・表現)
  自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するための高度なプレゼンテーション能力と高いコミュニケーション能力を修得して
 いる。

カリキュラムマップ

カリキュラムマップ