愛媛大学農学部・大学院農学研究科

大学院

農学研究科(修士課程)

 農学研究科は,学部と一貫して,地域社会や国際社会における安全・安心な食料の安定的供給,生命機能の解明と生物資源の利用,生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関する様々な問題を解決し,自然と人間が調和する循環型社会の創造に貢献できる人材を養成することを教育理念としています。この教育理念 に基づき,学部で培われた専門知識と技術をもつとともに食料,生命,環境に関する様々な問題の解決に強い熱意をもつ学生や,再学習や先端技術の修得に意欲 をもつ社会人・留学生など,多様な学生を受け入れることをアドミッション・ポリシーとしています。

専攻コース
食料生産学専攻 農業生産学コース
植物工場システム学コース
食料生産経営学コース
地域イノベーションコース
水圏生産学コース
知能的食料生産科学特別コース(6年一貫)
生命機能学専攻 応用生命化学コース
健康機能栄養科学特別コース(6年一貫)
生物環境学専攻 森林資源学コース
森林環境管理学サブコース
バイオマス資源学コース
地域環境工学コース
環境保全学コース
水環境再生科学特別コース(6年一貫)
社会人特別コース

アジア・アフリカ・環太平洋留学生特別コース


教育理念

 大学院農学研究科は,生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給,生命機能の解明と生物資源の利用,生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関する高度な専門知識・技術を修得させ,地域的な視点と国際的な視野から食料,生命,環境に関する様々な問題を解決し,自然と共生する持続可能な社会の構築に貢献できる高等技術者,研究者を養成することを教育理念とする。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 大学院農学研究科は,生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給,生命機能の解明と生物資源の利用,生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関する様々な問題を解決し,自然と共生する持続可能な社会の構築に貢献できる高等技術者,研究者を養成することを教育理念としています。この教育理念に基づき,学士課程で習得した専門知識・技術をもつとともに食料,生命,環境に関する様々な問題の解決に強い意志をもつ学生,再学習や先端技術の修得に意欲をもつ社会人・留学生など多様な学生を受入れることを,アドミッション・ポリシーとしています。農学研究科は,これらの役割を果たすために,食料生産学専攻,生命機能学専攻,生物環境学専攻の3つの専攻と社会人特別コース,アジア・アフリカ・環太平洋留学生特別コースを設置しています。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

知識・理解

生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給,生命機能の解明と生物資源の利用,生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関するいずれかの高度な専門知識と技術を修得している。

思考・判断

自然と共生する持続可能な社会の構築の観点から,地域社会や国際社会における食料,生命,環境に関連する諸課題の原因を論理的考察に基づいて説明し,有効な解決策を見出すことができる。

関心・意欲,態度

上記の諸課題を解決するため,主体性,協調性および高い倫理性をもって,自律的・継続的に行動することができる。

技能・表現

自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するための高度なプレゼンテーション能力と高いコミュニケーション能力を修得している。