愛媛大学農学部・大学院農学研究科

大学院

生命機能学専攻

 生命機能学専攻では、学士課程教育で培った知識をベースとして、様々な生物やそれらを構成する細胞内で起こる生命現象の化学的解明や、食品成分を含めた 生体分子の生理機能等に関する基礎から応用に至る教育研究を行う。また、演習科目や実習科目の履修により、実践的かつ高度な専門知識や技術を修得させると ともに、これらを包括する汎用的能力を身に付けさせる。本専攻には、応用生命化学コースに加え、生命機能学領域の中で食と健康に特化した健康機能栄養科学 特別コースを設置し、医農連携による学際的教育体制をとるとともに、農学部附属食品健康科学研究センターと連携して、食と健康に関する高度な教育・研究を 実施することを特徴とする。

コース・教育分野等



アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 生命機能学専攻は,生命化学分野に関する諸問題を解決するための俯瞰的な視野を持ち,生命機能の解明と生物資源の有効活用に意欲的に取り組むことができる学生を受け入れることを,アドミッション・ポリシーとしています。

知識・理解

生命機能の解明と生物資源の利用に関する学士課程で修得すべき専門知識と技術を有している。

思考・判断

自然と共生する持続可能な社会の構築の観点から,地域社会や国際社会における食料,生 命,環境に関連する諸課題,特に生命に関連する諸課題の原因を論理的考察に基づいて説 明し,有効な解決策を見出すことができる。

関心・意欲,態度

上記の諸課題を解決するため,主体性,協調性および高い倫理性をもって,自律的・継続 的に行動することができる。

技能・表現

自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するための高度なプレゼンテーション 能力と高いコミュニケーション能力を修得している。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

知識・理解

構造解析や機能評価などの分子レベルから,機能性分子の作用機序の解明や新規機能性を有する生物資源の作出など生体レベルまでの生命化学領域において,生命機能の解明と生物資源の利用に関する高度な専門知識と技術を修得している。

思考・判断

自然と共生する持続可能な社会の構築の観点から,地域社会や国際社会における食料,生命,環境に関連する諸課題,特に生命に関連する諸課題の原因を論理的考察に基づいて説明し,有効な解決策を見出すことができる。

関心・意欲,態度

上記の諸課題を解決するため,主体性,協調性および高い倫理性をもって,自律的・継続的に行動することができる。

技能・表現

自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するための高度なプレゼンテーション能力と高いコミュニケーション能力を修得している。