食料生産学科

 生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給

 食料生産学科では,農学分野が担うべき「生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給」を実現するため,圃場,栽培施設,植物工場などにおける植物生産と,収穫物の流通,貯蔵,加工,販売のプロセスに関する教育研究を行います。また,社会的ニーズの高い「6次産業化」に対応するためには,栽培,収穫,流通,貯蔵,加工,販売まで広範な知識が要求され,「スマートアグリ」に対応するためには, 最先端のICT,植物生体計測技術,コンピュータによる解析技術などが要求されます。そこで,人材育成の観点からは,植物学,栽培学,生態学,生物環境調節学などをベースとし,これに分子生物学的な知識・手法,経営学やフィールド調査などの社会学的知識・手法などを加え,環境保全型農業から植物工場による植物生産まで様々な形態の食料生産に必要な広範な知識や技術を教授し,食料の安定生産・供給に貢献できる人材を育成します。

 

photo

育成する人物像

  • 栽培・生物学分野から食料生産における知識と技術を習得し,課題解決力を備えた人材
  • 最先端の植物工場や施設栽培に関する知識と技術を習得し,課題解決力を備えた人材
  • 食の安全安心を担保するための社会科学的な知識と技術を習得し,課題解決力を備えた人材

教育内容・教育方法の特徴

  • 環境保全型農業から植物工場における植物生産などの食料生産および加工・流通に関する知識・技術を身につける。
  • 植物学,栽培学,生態学などをベースに分子生物学的な知識や手法を加味することにより食料生産に関する知識と技術を修得する。
  • 植物や環境情報に関する計測・解析・制御に関する基礎を学び,植物工場や施設栽培・圃場における栽培に必要な設備・装置に関する知識とその運用について知識と技術を修得する。
  • 経営学やフィールド調査などの社会科学的知識・解析手法などを学び,食の安全安心を担保するための経済学,経営学,社会学,行政学,法律学などの知識と技術を修得する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 食料生産学科は,栽培,管理から収穫,加工,流通,販売,経営までの一連のプロセスを俯瞰できる広い視野をもち,農業の6次産業化,生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給の実現に意欲的に取り組むことができる学生を受け入れることを,アドミッシ ョン・ポリシーとしています。

(知識・理解)
  1.高等学校で履修した主要教科・科目について,教科書レベルの基礎的な知識を有している。
  2.次のいずれかに該当する。
   A.高等学校で履修した主要教科・科目について,教科書レベルの課題を解くことができる。
   B.農業,工業,商業などに関する専門的な知識・技術を有しているか,高等学校で選択履修した教科・科目について
    実践的・体験的学習から得られた知識・知見・技術を有している。
(思考・判断)
  ある事象に対して多面的に考察し,自分の考えをまとめることができる。
(関心・意欲,態度)
  地域社会や国際社会における食料,生命,環境に関する様々な問題に関心をもち,身に付けた知識をこれらの解決に役立てたい
 という意欲をもっている。
(技能・表現)
  自分の考えを,日本語で他者にもわかりやすく表現できる。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

(知識・理解)
  安全・安心な食料の安定供給を実現するための必要な,栽培,管理から収穫,加工,流通,販売,経営までの一連のプロセス
 に関する専門知識と技術を修得している。
(思考・判断)
  地域社会や国際社会における食料,生命,環境に関連する諸課題,特に食料に関連する諸課題の原因を論理的に説明でき,
 解決策を見出すことができる。
(関心・意欲,態度)
  上記の諸課題を解決するため,主体性,協調性および高い倫理性をもって,自律的・継続的に行動することができる。
(技能・表現)
  自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するためのプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を修得している。

カリキュラムマップ

カリキュラムマップ