愛媛大学農学部・大学院農学研究科

大学院

生物環境学専攻

 生物環境学専攻では,高度な専門的知識,技術を身に付けさせるとともに,生物環境学に係わる多様な先端研究を理解し,かつ,自身の研究成果を幅広く発信 できるプレゼンテーション能力を身に付けさせる教育を行うことを特色としている。具体的には,森林資源学コース,森林環境管理学サブコース,バイオマス資源学コース,地域環境工学コース,環境保全学コース,水環境再生科学特別コースにおいて,各分野の最先端の科学と技術に係わる教育を実施する一方で,コー ス共同開講方式による現地実習(インターンシップ),実習報告会,研究発表会(中間発表会,最終発表会)などを実施する。これらにより,特定分野の専門家 としてはもとより,生物環境学における一般実務家としても高い能力をもった人材の育成が達成される。

コース・教育分野等

専攻コース教育分野教員
生物環境学専攻 森林資源学コース 森林遺伝学 コースの教員
森林資源生物
森林資源利用システム
木質バイオマス変換
森林化学
森林環境制御
流域森林管理
森林資源計画
森林教育
森林環境管理学
森林環境管理学サブコース 森林環境管理学 コースの教員
バイオマス資源学コース 紙産業教育 コースの教員
地域環境工学コース 地域防災学 コースの教員
施設基盤学
水資源システム工学
地域水文気象学
地域環境整備学
農村計画学
環境保全学コース 大気環境科学 コースの教員
生態系保全学
水族保全学
水族繁殖生理学
農生態学
海洋分子生態学
分子細胞生物学
水圏・土壌環境学
環境計測学
環境産業科学(三浦工業)
真珠産業科学
水環境再生科学特別コース 水環境再生科学

コースの教員

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)

教育理念と教育目的

 生物環境学専攻は、愛媛大学大学院学則及び愛媛大学憲章の趣旨を踏まえ、農学領域に関連する学術の理論及び応用の研究並びにそれらの成果を基に、食料、生命、環境に関する専門的知識・技術、特に生物環境に関する高度な専門的知識・技術を学生に修得させ、自然と人間が調和する循環型社会の創造に貢献できる高度専門職業人や研究者を養成し、併せて、農学分野に関心をもつ社会人を再教育することによって、地域社会や国際社会における産業の発展と文化の進展に貢献することを目的としています。

育成する人材像

 自然と人間が調和する循環型社会を創造するため、人間と生物を取り巻く様々な環境、例えば、森林、農地、河川、湖沼、溜池、海洋といった、山から海に至る広範囲の環境を高度に創造・修復・保全・管理・利用でき、かつ、それらに係わる研究を推進する基礎能力をもった人材を育成します。

学習の到達目標

(知識・技能・理解)
 生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関する高度な専門知識と技術を修得している。また、これらを用いるための高い倫理観を身につけている。

(思考・判断)
 自然と共生する持続可能な社会の構築の観点から、地域社会や国際社会における食料、生命、環境に関連する諸課題、特に環境に関連する諸課題の原因を論理的考察に基づいて説明し、有効な解決策を見出すことができる。

(興味・関心・意欲)
 上記の諸課題への関心と身に付けた高度な知識や技能をこれらの解決に役立てたいという意欲をもち、高い倫理性をもって、課題解決のための行動を自律的・継続的にとることができる。

(表現)
 高度なプレゼンテーション能力と高いコミュニケーション能力をもち、自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を適切に説明することができる。

(主体性・協働性)
 優れた主体性・協働性を発揮し、上記の諸課題を解決することができる。

修了認定・学位授与

 農学研究科の定める教育課程を修め、規定する期間以上在学し、厳格な成績評価に基づき所定の単位を修得し、学位論文を提出してその審査を受け、修了要件を満たした学生に対して、修了を認定し修士(農学)の学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

教育課程の編成と教育内容

 生物環境学専攻では、高度な専門的知識、技術を身に付けさせるとともに、生物環境学に係わる多様な先端研究を理解し、かつ、自身の研究成果を幅広く発信できるプレゼンテーション能力を身に付けさせる教育を行うことを特色としています。具体的には、森林資源学コース、森林環境管理学サブコース、バイオマス資源学コース、地域環境工学コース、環境保全学コース、水環境再生科学特別コースにおいて、各分野の最先端の科学と技術に係わる教育を実施する一方で、コー ス共同開講方式による現地実習(インターンシップ)、実習報告会、研究発表会(中間発表会、最終発表会)などを実施します。これらにより、特定分野の専門家としてはもとより、生物環境学における一般実務家としても高い能力をもった人材の育成が達成されます。
専攻必修科目としてコース概説科目を開講し、各専攻の研究領域に関する基礎知識、最先端研究について修得した上で、専門科目1単位化とクォーター制導入によって、専門分野について広範な知識・技術を修得するカリキュラム構成とします。

教育方法と成績評価

 講義形式の授業だけでなく、実験・実習、ディスカッション、プレゼンテーションなど、ディプロマ・ポリシーに示す教育目的と学習の到達目標に応じて最適な形式の授業を実施します。また、授業時間外の学習を含む十分な学習時間を確保できるように、eラーニングなど時間外学習を支援するツールを用意します。
すべての授業において、客観的な評価基準に基づき、筆記試験、レポートなどにより厳格な成績評価を実施します。

カリキュラムの評価

 学位論文及び審査会の内容、学生や修了予定者に対するアンケート調査を分析し、学修到達目標の達成状況や学位の学術的な水準について検証します。

カリキュラムマップ

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

求める入学者像

 生物環境学専攻は,山から海に至る広範囲の環境問題に関する諸問題を解決するための俯瞰的な視野を持ち,地域規模から世界規模の範囲で活躍する意欲のある学生を受け入れることを,アドミッション・ポリシーとしています。
そこで、生物環境学専攻は次のような資質を有する学生を求めます。

(知識・技能・理解)
 1.学士課程で農学の基礎を学び、その学理をより深く修めるための用意が十分にできている。
 2.研究活動を行うための基礎的技能を有している。
 3.生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関する学士課程で修得すべき専門知識と技術を有している。

(思考・判断)
 地域社会や国際社会における食料、生命、環境に関連する諸課題、特に生物環境に関連する諸課題の原因を論理的に説明でき、解決策を見出すことができる。

(興味・関心・意欲)
 上記の諸課題への関心と身に付けた知識をこれらの解決に役立てたいという意欲をもち、倫理性をもって、継続的に課題解決のための行動をとることができる。

(表現)
 自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するためのプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を有している。

(主体性・協働性)
 主体性をもって多様な人々と協力することにより、上記諸課題の解決に取り組むことができる。

入学者選抜の方針

 学士課程を通じて修得した基礎的な知識・技能、それらを活用する能力、主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度などを、筆記試験や面接により多面的・総合的に評価します。また、留学生に対しては渡日前入学許可制度による私費外国人留学生入試を採用し、多様な属性をもつ意欲ある学生に対して門戸を開きます。社会人入学生に対しては、企業や公共団体等での活動によって得た知識や経験を面接で評価します。