生命機能学科

 生命機能の解明と生物資源の利用

 バイオテクノロジーを基本とする生命科学は,生命現象の解析を通して,健やかな生活や健康長寿社会の達成など,生命に関する様々な領域への貢献が期待されている学問分野です。生命機能学科では,有機化合物,タンパク質,核酸,酵素などの分子から,微生物,動・植物細胞,さらには個体に至る様々な レベルにおける生命現象を,化学的手法で解明する基礎領域から,バイオテクノロジーを駆使した革新的技術の創出,機能性食品や医薬品の開発などの応用領域 へと展開することを目的とした教育研究を行います。生命機能を解明し,生物資源を有効活用することで,社会に貢献しています。生命科学に関する広範な講義科目によって生命現象や生命機能に対する理解を深めるとともに,多彩な実験科目により,様々な課題に対応できる汎用的・実践的能力を身に付けることで,食品,化学,医薬など,多岐にわたるバイオ関連産業で活躍できる人材を育成します。

 なお,本学科の食品衛生監視員プログラムを修了すれば,食品衛生管理者,および食品衛生監視員の任用資格を取得できます。

 

photo

育成する人物像

  • 生命科学分野で活躍できる広い知識と技術を習得し,課題解決力を備えた人材
  • 化学産業,医薬品産業,食品産業など,様々な分野で活躍できる知識と技術を習得した人材
  • 食品衛生監視員・食品衛生管理者の任用資格取得により,食の安全・安心に関わる職に従事できる人材

教育内容・教育方法の特徴

  • 化学産業分野で活躍するための知識と技術を習得する
  • 生物化学,生理学を基礎とし,分子レベル,および生体レベルで生命現象を理解する
  • 栄養科学,食品機能学を基礎とし,食品の機能性を理解する
  • 有機化学,分析化学を基礎とし,化学的視点から生命現象を理解する
  • 様々なバイオ産業で活躍するための知識と技術を修得する

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 生命機能学科は,生命化学分野に関する様々な問題を解決するための俯瞰的な視野をもち,生命機能の解明と生物資源の有効活用に意欲的に取り組むことができる学生を受け入れることを,アドミッション・ポリシーとしています。

(知識・理解)
  1.高等学校で履修した主要教科・科目について,教科書レベルの基礎的な知識を有している。
  2.次のいずれかに該当する。
   A.高等学校で履修した主要教科・科目について,教科書レベルの課題を解くことができる。
   B.生命化学,食品科学などに関する専門的な知識・技術を有しているか,高等学校で選択履修した教科・科目について
     実践的・体験的学習から得られた知識・知見・技術を有している。
(思考・判断)
  ある事象に対して多面的に考察し,自分の考えをまとめることができる。
(関心・意欲,態度)
  地域社会や国際社会における食料,生命,環境に関する様々な問題に関心をもち,身に付けた知識をこれらの解決に役立てたい
 という意欲をもっている。
(技能・表現)
  自分の考えを,日本語で他者にもわかりやすく表現できる。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

(知識・理解)
  生物有機化学,栄養科学,生化学,微生物学,動物細胞工学,植物化学,遺伝子制御工学に関する専門知識と技術を
 修得している。
(思考・判断)
  地域社会や国際社会における食料,生命,環境に関連する諸課題,特に生命に関連する諸課題の原因を論理的に説明でき,
 解決策を見出すことができる。
(関心・意欲,態度)
  上記の諸課題を解決するため,主体性,協調性および高い倫理性をもって,自律的・継続的に行動することができる。
(技能・表現)
  自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するためのプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を修得している。

カリキュラムマップ

カリキュラムマップ