愛媛大学農学部・大学院農学研究科

大学院

農学研究科(修士課程)

 農学研究科は,学部と一貫して,地域社会や国際社会における安全・安心な食料の安定的供給,生命機能の解明と生物資源の利用,生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関する様々な問題を解決し,自然と人間が調和する循環型社会の創造に貢献できる人材を養成することを教育理念としています。この教育理念 に基づき,学部で培われた専門知識と技術をもつとともに食料,生命,環境に関する様々な問題の解決に強い熱意をもつ学生や,再学習や先端技術の修得に意欲 をもつ社会人・留学生など,多様な学生を受け入れることをアドミッション・ポリシーとしています。

専攻コース
食料生産学専攻 農業生産学コース
植物工場システム学コース
食料生産経営学コース
水圏生産学コース
知能的食料生産科学特別コース(6年一貫)
生命機能学専攻 応用生命化学コース
健康機能栄養科学特別コース(6年一貫)
生物環境学専攻 森林資源学コース
森林環境管理学サブコース
バイオマス資源学コース
地域環境工学コース
環境保全学コース
水環境再生科学特別コース(6年一貫)
社会人特別コース

アジア・アフリカ・環太平洋留学生特別コース

ディプロマ・ポリシー(修了認定・学位授与の方針)

教育理念と教育目的

 農学研究科は、愛媛大学大学院学則及び愛媛大学憲章の趣旨を踏まえ、農学領域に関連する学術の理論及び応用の研究並びにそれらの成果を基に、食料、生命、環境に関する高度な専門的知識・技術を学生に修得させ、自然と人間が調和する循環型社会の創造に貢献できる高度専門職業人や研究者を養成し、併せて、農学分野に関心をもつ社会人を再教育することによって、地域社会や国際社会における産業の発展と文化の進展に貢献することを目的としています。

育成する人材像

 学部で培われた基礎知識と応用能力をもつ学生、再学習や先端技術の修得に意欲をもつ社会人・留学生など、多様な学生を受け入れ、地域社会や国際社会における食料、生命、環境に関する様々な問題を解決し、自然と人間が調和する循環型社会の創造に貢献できる人材を育成します。

学習の到達目標

(知識・技能・理解)
 生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給、生命機能の解明と生物資源の利用、生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関するいずれかの高度な専門知識と技術を修得している。また、これらを用いるための高い倫理観を身につけている。
(思考・判断)
 自然と共生する持続可能な社会の構築の観点から、地域社会や国際社会における食料、生命、環境に関連する諸課題の原因を論理的考察に基づいて説明し、有効な解決策を見出すことができる。
(興味・関心・意欲)
 上記の諸課題への関心と身に付けた高度な知識や技能をこれらの解決に役立てたいという意欲をもち、高い倫理性をもって、課題解決のための行動を自律的・継続的にとることができる。
(表現)
 高度なプレゼンテーション能力と高いコミュニケーション能力をもち、自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を適切に説明することができる。
(主体性・協働性)
 優れた主体性・協働性を発揮し、上記の諸課題を解決することができる。

修了認定・学位授与

 農学研究科の定める教育課程を修め、規定する期間以上在学し、厳格な成績評価に基づき所定の単位を修得し、学位論文を提出してその審査を受け、修了要件を満たした学生に対して、修了を認定し修士(農学)の学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

教育課程の編成と教育内容

 農学研究科の学生は、英語によるコミュニケーション能力、学術目的のためのスキル、文献にアクセスする能力を身に付ける「英語プレゼンテーション」、技術者・研究者としての社会的常識を身に付け、所属する組織が社会に対して果たすべき法的・倫理的責任や態度について自ら適切に判断し、実践するための能力を身に付ける「技術者・研究者倫理」、最先端の研究をわかりやすく解説し、最新の研究動向、研究申請書作成の技法、研究方法等を分野横断的に学ぶ「農学最先端研究」、試験研究現場で進行している研究や課題、産業界の取組・産業政策等を農学との関連で学ぶ「農業研究開発・産業創成特別講義」の4科目を、研究科共通科目として開講し(全専攻必修)、研究者としての基礎を養成します。専攻必修科目としてコース概説科目を開講し、各専攻の研究領域に関する基礎知識、最先端研究について修得した上で、専門科目1単位化とクォーター制導入によって、専門分野について広範な知識・技術を修得するカリキュラム構成とします。 コース専門科目では、高度な専門的知識・技術を身に付けさせるとともに、農学に係わる多様な先端研究を理解し、かつ、自身の研究成果を幅広く発信できるプレゼンテーション能力を身に付けさせる教育を行うことを特色としています。

教育方法と成績評価

 講義形式の授業だけでなく、実験・実習、ディスカッション、プレゼンテーションなど、ディプロマ・ポリシーに示す教育目的と学習の到達目標に応じて最適な形式の授業を実施します。また、授業時間外の学習を含む十分な学習時間を確保できるように、eラーニングなど時間外学習を支援するツールを用意します。
すべての授業において、客観的な評価基準に基づき、筆記試験、レポートなどにより厳格な成績評価を実施します。

カリキュラムの評価

 学位論文及び審査会の内容、学生や修了予定者に対するアンケート調査を分析し、学修到達目標の達成状況や学位の学術的な水準について検証します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

求める入学者像

 大学院農学研究科は,生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給,生命機能の解明と生物資源の利用,生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関する様々な問題を解決し,自然と共生する持続可能な社会の構築に貢献できる高等技術者,研究者を養成することを教育理念としています。この教育理念に基づき,学士課程で修得した専門知識・技術をもつとともに食料,生命,環境に関する様々な問題の解決に強い意志をもつ学生,再学習や先端技術の修得に意欲をもつ社会人・留学生など多様な学生を受入れることを,アドミッション・ポリシーとしています。農学研究科は,これらの役割を果たすために,食料生産学専攻,生命機能学専攻,生物環境学専攻の3つの専攻と社会人特別コース,アジア・アフリカ・環太平洋留学生特別コースを設置しています。
 そこで、農学研究科は次のような資質を有する学生を求めます。

(知識・技能・理解)
 1.学士課程で農学の基礎を学び、その学理をより深く修めるための用意が十分にできている。
 2.研究活動を行うための基礎的技能を有している。

(思考・判断)
 地域社会や国際社会における食料、生命、環境に関連する諸課題の原因を論理的に説明でき、解決策を見出すことができる。

(興味・関心・意欲)
 上記の諸課題への関心と身に付けた知識をこれらの解決に役立てたいという意欲をもち、倫理性をもって、継続的に課題解決のための行動をとることができる。

(表現)
 自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するためのプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を有している。

(主体性・協働性)
 主体性をもって多様な人々と協力することにより、上記諸課題の解決に取り組むことができる。

入学者選抜の方針

 学士課程を通じて修得した基礎的な知識・技能、それらを活用する能力、主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度などを、筆記試験や面接により多面的・総合的に評価します。また、留学生に対しては渡日前入学許可制度による私費外国人留学生入試を採用し、多様な属性をもつ意欲ある学生に対して門戸を開きます。社会人入学生に対しては、企業や公共団体等での活動によって得た知識や経験を面接で評価します。